FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和ミュージアム(初!動画UP!)

呉市の呉市海事歴史科学館こと「大和ミュージアム」に行ってきました。

呉市 大和ミュージアム 入口
↑大和ミュージアム入口

大和ミュージアムは今回で4回目の来館となります。
ココは何度見に来ても楽しいし、勉強になる!
単なる俺の自己満足なだけであって、同伴する嫁さんはたまったもんじゃない
全く興味がない者にとって同じところを何度も見に行ったところで、感動もなければ得るものもない。
当然のことだろうよ!?
)何回行けば気が済むん?付き合ってられんわー!2時間くらいしたら連絡ちょうだいね!
そう言い残して、嫁さんは大和ミュージアム横の「ゆめタウン」にショッピングにGo~!

クックック…
久々の一人ブラブラタイム
せっかくなので有意義に使わせていただくこととしよう。

やはり、大和ミュージアム内で一番最初に目に入るのは戦艦大和の1/10模型。
大日本帝国海軍が建造した史上最大の戦艦と言われています。
1/10の模型と言えども全長26.3mの超巨大模型。
撮影技術ゼロの俺がデジカメで撮影しても、その迫力は全く伝わらない。

呉市 大和ミュージアム 戦艦大和 1/10 模型 その1
↑戦艦大和 1/10 模型 艦首

呉市 大和ミュージアム 戦艦大和 1/10 模型 その2
↑戦艦大和 1/10 模型 船尾

太陽の光が入る南側の大きなガラス張りが船尾側になっているため、船首側から見ると模型は後光が差し込んでいる(俺の勝手な解釈)ように見え、肉眼で見るとステキだ。
しかし、デジカメで撮影すると逆光となってしまい、撮影すると模型が黒く写る(泣)
だから無理を承知でブログを始めて以来、初の動画を撮影してみました♪

[広告] VPS
↑戦艦大和模型の動画(1:19)

初めての試みで、枠に模型が収まってないし、手ブレでガタガタ
慣れてないので許しておくれ…

今日の大和ミュージアムは客さんが多かった。
悠太郎的にはこんなにお客さんがいる大和ミュージアム初めて。
みんな熱心に展示物を見学していました。

呉市 大和ミュージアム 展示室 その1
↑展示室の風景 その1

呉市 大和ミュージアム 展示室 その2
↑展示室の風景 その2

展示品、活字、上映ビデオの数々…今日は一字一句時間をかけて館内を見て回りました。
戦争に参加した当時の人々は、国のため…家族のため…愛する人のため…様々な想いで戦争をしていたんだと思います。
ですが、戦争というものは国と国が利権を賭けた人と人との殺し合いです。
戦争で血を流し、命を落とし、大切な人を失い、多くの悲しみが生まれました。
どのような理由があろうと、戦争はやってはいけないことだと悠太郎は思っています。
ですが、戦争の最前線で一生懸命戦った方々のことは否定できません。
今こうして悠太郎が平和に生きていることは、戦争に参加したおじいちゃん、おばあちゃん、命を落としてまで戦った先人達のおかげで、そのような方々の全てを否定することになるからです。

悠太郎にとって大和ミュージアムは、大日本帝国時代の技術力の高さと、この技術力が戦後の日本を支える礎になったこと、日本の戦争の歴史、戦争によってたくさんの方々が命を落とし、悲しみが生まれたことを教えてくれる場所であり、今を平和に生きてられることを再確認させてくれることで初心に立ち返れる場所でもあります。
だから大和ミュージアムは何度来ても見飽きることがありません。
途中から自分なりに(真面目に)長々と語りましたが、見られる方によって思うことは「十人十色」です。
大和ミュージアムに行ったことがない人は是非一度、行ったことがあるひとはもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか??
行けば行くほど興味深くなりますよ。


[おまけ]
館内の3階にあるコチラ(↓)の模型。
宇宙戦艦ヤマトです。
いわゆる"大和繋がり"です。

呉市 大和ミュージアム 宇宙戦艦ヤマト
↑宇宙戦艦ヤマト

大和ミュージアムを出たところに「てつのクジラ館」があります。
来館の際には是非どうぞ♪
ちなみに悠太郎は、1回だけ中に入ったことがあります。
なんだか狭くて窮屈なので

呉市 てつのくじら館
↑てつのくじら館
関連記事

宮島サービスエリア(下り線)

2010年5月29日。
次男夫婦が住んでいる北九州に行く途中、特に休憩が必要と言うわけではなかったけど北九州までの道中を楽しむための余興気分で広島県廿日市市上平良の山陽自動車道にある宮島サービスエリア(下り線)に立ち寄りました。
(宮島サービスエリアまでは東広島市から約40分ぐらいだったかな?)

山陽自動車道路 宮島サービスエリア(下り線) その1
↑宮島サービスエリア(下り線)

宮島サービスエリア下り線は、安芸の宮島や広島湾などの瀬戸内海を見下ろせる展望台があって、瀬戸内海を見渡すには絶好の場所です。
また、毎年8月14日に行われる宮島水中花火大会の当日には、たくさんの見物客が宮島サービスエリアに訪れ、本線上にまで渋滞車列が続くこともあります。

悠太郎と悠太郎の嫁、悠太郎の三男を乗せた「悠太郎御一行」は天気も良かったのでこの展望台に瀬戸内海を見渡しにやってきたって寸法です♪

山陽自動車道路 宮島サービスエリア(下り線) その2 展望台 大鳥居
↑展望台前の大鳥居

この日の広島県は天気も良く、真っ青な青空が広がる最高の天気で、これまで宮島サービスエリアに足を運んだことがある中でも一番景色が綺麗に見える日でした♪

山陽自動車道路 宮島サービスエリア(下り線) その3 展望台 景色
↑展望台から宮島方面の風景

一通りの景色を堪能したところで、軽く何か食べたくなったので軽食をすることに…
サービスエリア内をブラブラ歩いた結果、宮島サービスエリア名物のカキクリームコロッケを食べることにしました

山陽自動車道路 宮島サービスエリア(下り線) その4 カキクリームコロッケ 売店
↑カキクリームコロッケ売店

クリームコロッケで包んだカキはとてもクリーミーで濃厚な味付け♪
濃いい味付け好きな悠太郎にはドンピシャでした♪
カキクリームコロッケのお値段は1個350円
ちょっと良い値段ですが、ここは三男にたかっておごってもらいました♪
弟におごってもらう姑息な兄ですが、三男に感謝をしつつおいしくいただきました。

山陽自動車道路 宮島サービスエリア(下り線) その5 カキクリームコロッケ
↑カキクリームコロッケ

軽い腹ごしらえを済まし、悠太郎御一行は北九州に向かって出発するのでした
そして次の立ち寄り地は、昼食を兼ねて北九州のスペースワールド隣にあるイオン(ブログ内リンク)へ行くんですよ♪
関連記事

広島市内ブラブラ

只今ダイヤモンドシティソレイユ1Fのスターバックス店内にて「抹茶クリームフラペチーノ」を飲みながら休憩中です。

広島市内は、どこもかしこも休日をエンジョイする人々でごったがえしてます

先程、4月25日にオープンした広島市中区袋町にある「一風堂」に行ってきた!

一風堂は10年位前に福岡の大学に行っていた友達が「ブチうまい」と言って、福岡で食べさせてもらったことがある。
それ以来、一風堂のラーメンを食べたいだけの理由でマイカー(当時はR33-タイプM)で何度も福岡に足を運んだものです

あれから10年…
ようやく広島に一風堂が進出してきたというのだから食べないわけにはいかない

10年前のイメージを描きながら中区の一風堂に行ってみたけど、さすがに店舗の雰囲気は当時のそのものとは随分変わってました
若者が立ち寄りやすい店って言うのかな?
今風なお店の雰囲気です
開店して間がないし、元々知名度もあるし、地元メディア紹介などもあってかお店の前にはお客さんがズラリと並んで待ってました。

一風堂 広島袋町店
↑一風堂 広島袋町店

30分ほど待ち「赤丸バリカタ麺」を注文
ほどなく出てきたラーメンは、これまで広島で食べてきたものとはドコにも味が被らない、美味しくて新鮮味のあるラーメンでした
さすが全国で名を馳せる有名ラーメンチェーン店だけのことはあります
濃厚で美味しかったですよ♪

しかし…
10年前の味とは少し変わっているようで、個人的には昔の方がもっと美味しかった気がします
黒い醤油(?)のようなスープの量が多すぎて豚骨味が薄れた感じがして、少々油っこかったよ
(そう感じたのは俺が年老いたせいでもあるかもしれんが…)

一風堂 広島袋町店 店内
↑一風堂 広島袋町店 店内

一風堂のラーメンを食ったあとは、冒頭ブログに書いたようにダイヤモンドシティソレイユのスターバックスに足を運び、抹茶クリームフラペチーノを堪能しているところです。
早い話…ラーメンが濃かったので口直しをしているところなんだよね

ダイヤモンドシティ ソレイユ 店内
↑ソレイユ 店内

口直しに…これまた広島初出店したソレイユ内のモスドに行こうかとも思ったけど…中年にラーメン食った直後にバーガーやドーナツを食う余力は一片たりとも残ってはいない
モスドは次回のお楽しみにしておくことにしました

ダイヤモンドシティ ソレイユ MOSDO
↑MOSDO(モスド)入口



今日のブログ画像はデジカメで撮影したので自宅に帰ってアップします
気が向いたらまた見に来てくださいませ


[追記]
H22.05.08 20:40 画像を追加しました♪
関連記事

世羅高原農場のチューリップ祭り2010

世羅高原農場のチューリップ祭り2010に行って来ました♪

世羅高原農場(チューリップ祭り)入口
↑世羅高原農場(チューリップ祭り)入口

世羅高原に到着したのは午前10時過ぎ。
広島市街地から1時間少々で行けました。
往路は渋滞もなく、何の問題もなく世羅高原農場に到着。
結構早く着いたつもりなのに駐車場には既にかなりの車が駐車されていて、チューリップであれば小学校低学年の授業でも出てくるぐらいのメジャーな植物でもあることもあってか、人気の高さが伺えます。

それもそのはず!
世羅高原農場のHPによると…
チューリップの種類は約300種で、数は70万本
園内総面積が約15万㎡に対し、花植栽面積は約8万㎡という途方もないスケール!
8万㎡といえば「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」のグラウンド面積の約6.3倍という広さです。
(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島のグラウンド面積は12,710㎡)

世羅高原農場(チューリップ祭り)入場料
↑入場料は財布に大変優しいデス(大人700円、子ども300円)

入口は人でかなり窮屈でしたが、一歩中に入るとたくさんのチューリップが視界に飛び込みア然…
他の入場者も驚いている様子でした。

世良高原農場 チューリップ祭り 画像 その1
↑入口付近の人々とチューリップ

みんなデジカメ片手にチューリップを激写しまくり!!
悠太郎も例外なくシャッターを切りました(笑)

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その2
↑何て名前のチューリップじゃ?

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その3
↑このチューリップの名前もわからん

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その4
↑今日が快晴で良かった♪

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その5
↑チューリップのコントラストがこれまたキレイ♪

一心不乱にチューリップ達をカメラに収め、園内をウロウロ…
休憩ついでに園内にある「花カフェ」というところで、しばしの骨休み。
せっかくなので、心も体も健康になろう…と、ハーブティーを注文♪

世羅高原農場 チューリップ祭り 花カフェ 画像 ハーブティ その1
↑花カフェのハーブティーのお値段

世羅高原農場 チューリップ祭り 花カフェ 画像 ハーブティ その2
↑ハーブティ(右から「体すっきり」「リラックス」「美白」)

悠太郎は日頃から体内に溜まってるであろう「体内の不純物」を除去するべく「体すっきりハーブティー」をチョイス!
 詳細レポートはコチラ(ゴメン…口に合わなかった)
その他のハーブティーは一緒に行った嫁さんと、嫁さんのお母さんが美味しくいただいていました。

座って休んだことで元気になり、再び園内の散策開始!!

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その6
↑展望台から見える花絵

世羅高原農場 チューリップ祭り 画像 その7
↑どこまで行ってもチューリップ畑

今回ご紹介したデジカメ画像はほんの一部です。
本当にたくさんのチューリップを激写しました♪
一通りのチューリップ畑を回り、13時頃世羅高原農場を出ました。

帰りにビックリしたことが一つありました。
悠太郎達が世羅高原農場に行く時はスッカスカだった道路が世羅高原農場前から約2kmもの大渋滞になっていました
みんな世羅高原農場にチューリップを見に来られたお客さんです
やっぱりチューリップ祭りは大人気なんですね♪
このゴールデンウィーク中に世羅高原農場に行かれる方は早目の到着をオススメします!!
関連記事

広島平和記念公園の桜を見てきました♪

広島平和記念公園の元安川沿いにある桜を見に行ってきました。

今日は天気が良かったこと、「巨人VSカープ」のデイゲームがあったことも重なったせいもあってか、広島市内は混み合ってたよ。

鯉城会館対面のデオデオの駐車場に車を停め、元安橋を渡って行きました。

元安橋から見た桜 その1
↑元安橋から見た桜 その1

元安橋から見た桜 その2
↑元安橋から見た桜 その2

ワイワイガヤガヤ賑わっていて、観光に来た外人さんや旅行客も桜をみながらウットリ…♪

みんなデジカメを手にして、日本情緒溢れる桜の木を熱心に撮ってました。

どの人も笑顔でしたよ(笑)


元安川沿いを歩く人達
↑ワイワイガヤガヤ(笑)

桜と近代建物のコラボ
↑桜と近代建物のコラボも悪くない

元安川の川沿いの桜は、ほとんどが花を咲かせていてイイ感じでした。


満開の桜と青い(?)空
↑もっと青空だったら桜がキレイに撮れたかも…


桜の花びらのアップ
↑桜の花びらのアップです


まともに桜を鑑賞したのは実に10年ぶりかな?

若い頃はほとんど興味が無かったけど、たまにはノンビリブラブラ時間を忘れて、桜を眺めるのも良いかも…って思った1日でした。

もっとたくさんの桜が見たいな…しばらく桜にハマッちゃいそうだ(笑)







関連記事

広島空港

東京出張のため、高屋インターチェンジ小谷サービスエリア(上り)を経由して、広島空港にやってきました♪

離陸時刻は10時40分!
時間に少し余裕があったので、デジカメ片手に広島空港周辺をウロウロ…

広島空港 その1
↑広島空港(国際線側)

広島県人なら知ってる人も多いと思うので、いまさら説明は不要かもしれんが、下の画像に写っているモニュメント(無造作に刺さってる石柱)は、世界中の有名な都市の方角を指しています。
石柱には都市名と、モニュメントからその都市までの直線距離が表示してあります。

極端な話、石柱の方向に穴を掘って進むと、その土地に行くことができます!
どのぐらい時間がかかるか分からんが、不法入国だって可能!
ただし、地球の中心に向かって掘り進むことになるので水(海)やらマグマやら障害物があるのでくれぐれも注意されたし!!
…冗談はさて置き、このモニュメントは「地球が丸い」ことを象徴しています。

広島空港 その2
↑広島空港モニュメント

写真撮って、搭乗手続きを済まし、空港内をブラブラしてみたんだけど、2F(展望台付近)の飲食店がことごとくツブれていることに気がつきました(驚)
2店舗ぐらいしか営業してなくて、その他のテナントはシャッターが閉められてます‥
広島の「空の玄関」にも関わらず、広島県民として悲しい限りです(泣)


[ここからは広島空港と関係ない話です]
広島を出発してある程度飛んでる時に「富士山」を空から見つけました。
あいにく雲がかかっていてわかりにくいケド、見れて良かった♪
そして窓際に座れて良かった♪♪

飛行機から見た富士山
↑富士山、わかりにくいよね…
関連記事

君田折り紙博物館

広島三次ワイナリーに行ったあと、広島県三次市君田町にある「君田折り紙博物館」に行きました。

折り紙博物館は三次市市街地から北へ約25km…時間にして約25分くらいのところにあります。

途中、道の駅兼温泉施設の君田温泉「森の泉」でトイレ休憩をして、折り紙博物館に行きました。
ここからは約10分くらいで折り紙博物館に行けます。

道の駅 君田温泉 森の泉
↑道の駅 君田温泉「森の泉」

折り紙博物館は廃校になった小学校校舎を利用して、怪獣やアニメのキャラクター、藤娘などの折り紙作品を展示しているところで、折り紙教室のほかにも田植え体験やホタル狩りなど田舎体験型のイベントを行っているそうです。

出迎えてくださったのは、折り紙博物館の創始者であり、館長を勤められてる赤木賢治さん!

赤木さんは大学生の頃、折り紙の世界に魅せられて独学で研究を始め、独自の技法で作品を生み出してきたことから、いつの間にか「赤木式折り紙」とまで称せられるようになり、平成20年には「三次の匠」に認定された方です。
(↑家に帰ってリサーチしました)

ちなみに見学料は1人200円也!!

君田 折り紙博物館 赤木賢治氏 作品 五段人形
↑五段人形

君田 折り紙博物館 教室内の作品
↑教室内の作品

君田 折り紙博物館 廊下の作品
↑廊下の作品

君田 折り紙博物館 作品01
↑本物の山菜のようです

君田 折り紙博物館 作品02
↑どうやって折るんでしょうか!?

君田 折り紙博物館 作品03
↑とても懐かしい感じがしました

小学校の教室3部屋と廊下に展示している作品の中には、折り紙作品だけではなくアマチュアの方々が作成したいろいろな作品が展示されています。

ホントは作品を全部写真に撮って紹介したいところですが…作品の多さと説明ができないため却下!!

興味がある方は自分で足を運んでもらい、自分ので作品を体感してみてください!

小学校の校舎という懐かしい雰囲気の中で、様々な技法を凝らした折り紙作品や、その他の誰も真似ができそうもない作品を時間を忘れて眺めてると…責任と時間に追われて生きてる現代社会では思い出すことができない「純粋だった頃の自分」「新しい自分」に出逢えると思いますよ♪
関連記事

広島三次ワイナリー


三次ワイナリー 入口
↑三次ワイナリー正面玄関

一滴の深み 芳醇の極み
風土が育てた三次ワイン
「ワインは自然の産物」といわれますが、江の川、馬洗川、西條川、この三本の大きな川が合流する「三次」は、秋から早春にかけて一面の霧が大地を覆うとともに昼夜の寒暖差が大きく、まさにワインづくりに適した最高の条件がそろっています。
この気候風土を原点に、広島三次ワイナリーの広大な畑では、セミヨン種による稀少な貴腐葡萄をはじめとして、さまざまな品種の葡萄が育っています。
秋に収穫された葡萄は、醗酵の工程を経てフルーティなワインになり、樽の中でしばしの眠りに…
数年後、最初の空気に触れたワインの芳醇さは、造り手であってもいささか興奮する瞬間です。
こうした喜びを数多くの皆様に味わっていただけるよう、広島三次ワイナリーのスタッフは品質の研究を重ねています。

(広島三次ワイナリーパンフより)


…ってことで、東広島から車で約1時間弱…俺と嫁さんを乗せた愛車ベリーサは三次ワイナリーにやってきました。

店内に入ると、そこはお土産コーナーがあって三次ワインやワインのおつまみのチーズ、平田観光農園で作られたジャムやお菓子がズラリ!!
店内の奥には数種類の三次ワインが試飲できるコーナーが設置してありました。

三次ワイナリー 物産館 店内
↑物産館店内の雰囲気

三次ワイナリー 物産館 ワイン試飲コーナー01
↑ワイン試飲コーナー

三次ワイナリー 物産館 ワイン試飲コーナー02
↑ワイン樽が綺麗です

三次ワイナリー 物産館 ワイン試飲コーナー03
↑嫁さんは試飲、俺は運転手だから試飲できません(泣)

三次ワイナリー 物産館 豊富なワイン01
↑ズラリと並んだ三次ワイン♪

三次ワイナリー 迎春三次ピオーネにごり
↑お正月用のこんなワインもありました

三次ワイナリー TOMOE セミヨン・レイトハーベスト
↑中にはこんなお高いワインも!

調子に乗ってドカ~ンと高いワインでも買おうかと思いましたが、普段お酒を飲まない嫁さんが試飲で絶賛した感想をもとに「巴郷(極甘口・赤)」を1本購入しました。
正月休みはこのワインとともに過ごすことに決定!

三次ワイナリー 巴郷 (極甘口・赤)
↑巴郷(極甘口・赤)

物産館は観光バスが来ていて、人がわんさか!
団体さんはは昼時だったので敷地内にあるバーベキューガーデンへゾロゾロ歩いて行ってました。
このお店は広島和牛を中心としたバーベキューが食べられるらしいのですが、真昼間から肉を食べる気になれない俺達は、喫茶VINEへ!

俺はサーモンクリームパスタランチ(880円)を注文!
嫁さんは三好ワインで煮込んだビーフストロガノフ(780円)を注文!
どっちがおいしかったかと言うと…ビーフストロガノフでした!
ビーフストロガノフ、ホントおいしかったですよ♪オススメです♪

三次ワイナリー 喫茶VINE クリームパスタランチ
↑喫茶VINE クリームパスタランチ

昼食を済ませて満腹になったあと、もう一度三好物産館に入り地下のワイン貯蔵庫を見学したところで、やることも無くなり…帰ろうかと思ったけど時間に余裕があったので思いつきで広島県三次市君田町にある「君田折り紙博物館」に行ってみることにしました♪

三次ワイナリー ワイン貯蔵庫
↑三次ワイナリー ワイン貯蔵庫

「君田折り紙博物館日記」に続く…
関連記事
トータルアクセス数
プロフィール
プロフ画像用03
名前:悠太郎 住所:東広島市
イチオシ!悠太郎のイラスト集
お子ちゃま奮闘記 家事手伝い編
お子ちゃま奮闘記 嫁さんの通院記録
東広島・竹原のグルメ、ショッピング、暮らしに役立つ情報満載のポータルサイト ジモ通
ユーザータグ
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
112位
アクセスランキングを見る>>
FC2アクセスランキング
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
ランキングバナー
ブログ内検索フォーム
いろいろ検索してみてね(笑)
ヴィレッジヴァンガード
pixivやってますww
ヘタクソなイラストを描いてます
各ランキングに参加中
心優しい方「応援ポチッ」お願いします
「Ctrlキー」+「クリック」すると‥
人気ブログランキングへ
オススメ
広告 【悠太郎イチオシ】
広告 【ファッション】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。