FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかCGを作成できるようになりたい‥

パソコンって使う人によってはスゴイことができます。
独学でCGを勉強してパソコンの中で過去の名車を再現しちゃうんだから‥
仕事の一環ではなくて自力でここまでやっちゃう人って尊敬しちゃいますね。
俺もパソコンでこんなことができるようになりたいなーww
たった今、明日の仕事終了後の予定が決まりました!
フジグラン東広島(2F)の市民ギャラリーに行って名車33台をガン見です


[2010.09.17追記]
てっきり9月17日まで個展を開いていると思ってフジグランに来てみたけど、個展がやってない
自分で作ったブログをよくよく読んでみると10月12日~10月17日までと書いているではないか!?
ウッカリ早とちりやってもぅたわww


[2010.10.16追記]
東広島ギャラリーに行ってきました♪


[記事:中国新聞]
昭和の名車33台をCG化
 昭和の名車のコンピューターグラフィックス(CG)を、マツダの元デザイナーが趣味で制作している。東広島市高屋町の浅野政則さん(60)。写真と違い車体のフォルムや構造をさまざまな角度から見ることができる。
 東洋工業(現マツダ)のコスモスポーツやトヨタのトヨタスポーツ800など1950~80年代の国産21台と、ポルシェやジャガーなどの輸入12台の計33台をCG化した。
 パソコン操作で車体やタイヤを好きな角度から鑑賞することが可能。ハンドルやスピードメーターなどの内装を見ることもできる。
 高校卒業後に東洋工業へ入社し、主に車体内装のデザイン部門で33年間働いた。2001年に早期退職する直前、「電気自動車などが普及する前に、親しんだ車の記録を残したい」と思い立った。50万円かけてパソコンや専用ソフトを買い、独学でCGに挑戦した。
 CGのプリントや車の解説パネルなどの展示会を10月12~17日、フジグラン東広島(東広島市西条町御薗宇)2階の市民ギャラリーで開く。無料。


実は悠太郎の友達のお父さんですww

コスモスポーツのCGを紹介する浅野さん
中国新聞差込写真
(無断転写のため指摘があれば削除します)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009150008.html(PC外部リンク)

白市の歴史・歌舞伎・まちづくり

白市の軌跡を追う
JR山陽本線白市駅から北東へ約2㎞。白山のふもとに、白市のまちは広がっている。
 坂を上るとがらりと景色が変わり、目に映る古い町並み。漆喰で白く塗られた町家。細木を組んで作られたつばどめと美しい細工の窓格子。えびすが彫られた鬼瓦。ふいに現れる階段を上がると、静寂の中にたたずむ寺。細い路地を抜けると、また新しい発見がある。
 白市には、古くから白市歌舞伎という芝居の文化があり、現在も演じ継がれている。子どもから大人まで、歌舞伎を知らないものはいない。
 白市は道が五角形の形を成すよう都市計画されたまちであるという説もある。多くの魅力と謎を持つ白市のことを、少しでも知ってほしいと思う。

広報東広島 H22年8月号[特集 白市の軌跡を追う]引用 (PC外部リンク)
 →過去の記事[高屋町の白市]
 →過去の記事[高屋町の白市歌舞伎]



歴史のまち白市
★坂の上のまち・白市
 白市のまちは、白山城跡の西麓、南向きの斜面に広がる小さなまちです。周辺部からは一段高い「坂の上のまち」のため、このまちへ来るには、坂道を登ってこなければならず、また、水の便も良くありませんでした。
 このまちは、1503年、平賀氏が白山城を築いたことによって生まれ、その後大きく発展することとなります。
★白市のはじまり
 鎌倉幕府の御家人だった平賀氏は、鎌倉時代後期、東北地方から現在の高屋町に地頭として移り住み、高屋堀に御薗宇城を築いて本拠とします。
 それから200年余り経った戦国時代、15代当主平賀弘保は、より防御に適した地にある白山に大規模な山城を築き、本拠を白市へ移します。
★江戸時代の白市
 武士団のいなくなった江戸時代の白市は、広島、呉、竹原、尾道や三次などへ1日で行ける距離にあり、交通の要所としても重要だったため、産業と商業のまちとして栄えていきます。
★町家が建ち並ぶまち
 江戸時代、まちには酒造業や製塩業を営む木原家や、鋳物業を営む伊原家などの豪壮な町家が建ち並び、白市の発展に貢献しました。これらの町家の一部は現存しており、白市のまちなみに独特な風情を醸し出しています。
★平賀氏の城下町・白市
 平賀弘保が築いた白山城は、領地のほぼ中央に位置し、四方を眺望できるため、防御に有利な城でした。
 平賀氏は、築城と同時期、白山城から約400m西に「御土居」と呼ばれる大規模な居館を築きました。御土居を町の中心、白山城を守りの要とし、白市は城下町として整備されていくのです。
★交通の要衝・白市
 高屋地域は低丘陵が複雑に入り組んだ特長ある地形ですが、谷あいを抜ける道の多くは白市に集まっていました。
 このように城下町として道路・まちの機能が集中したことで、白市は発展を遂げていきます。
★平賀氏 関が原での敗北
 1600年、関が原の戦いで敗れた平賀氏はこの地を離れることとなりました。
 平賀氏の城下町ではなくなった白市。しかし、政治・経済・交通の中心地として整備されたことが、その後の白
市に大きな影響を与えます。
★牛馬市
 白市では、三次、久井とともに江戸時代の初め頃から牛馬市が開かれ、最盛期には1日500頭もの牛馬が集まったといわれます。また、市の日には露店が数多く立ち並び、近隣から多くの人が集ま
りにぎわいました。
★白市歌舞伎の発祥
 江戸時代、白市には広島藩内で3か所しか置かれなかった芝居小屋の一つ「長栄座」があり、歌舞伎などが催されていました。牛馬市の期間中には、上方から招かれた歌舞伎役者が長栄座で歌舞伎を演じていました。子どもの頃から歌舞伎に親しみ、その美しさと華やかさに惚れた白市の住民は、自ら歌舞伎を演じるようになり、「白市歌舞伎」として受け継がれていったのです。

広報東広島 H22年8月号[特集 白市の軌跡を追う]引用 (PC外部リンク)
 →過去の記事[高屋町の白市]
 →過去の記事[高屋町の白市歌舞伎]



歌舞伎に恋して
★一時は途絶えた白市歌舞伎
 昭和30年代に牛馬市の時代が終わりを迎えると、繁栄を極めた白市も人通りが少なくなっていきます。
 住民はその後も、祭りなどの折には牛馬市の跡地に舞台を設け、芝居を行ってきました。しかし、昭和50年に長栄座が取り壊されたのをきっかけに、芝居の回数は減り、次第に途絶えていきました。
★白市歌舞伎の復興
 平成5年、寂しくなるまちを元気にしようと、住民の間で「白市の文化を考える会」が生まれました。そして、歌舞伎を文化の中心にすることとなり、白市歌舞伎の復活に至ったのです。
★道具は「手作り」
 歌舞伎を復活させると言っても、何もなければ芝居はできません。古くから芝居の文化があった白市では、衣装なども残っていました。
 芝居で使っている鬘(かつら)は総監督の檜山さんの手作りです。
「鬘(かつら)は買えば一個20万円くらいするんだけど、自分でも作れるんじゃないかと思って作ってみたんよ。」と話す檜山さん。髪は棕櫚(しゅろ)と和紙を墨で染めて作っているそうです。
 小道具や大道具も、みんなで協力して作ります。「ふすまや柱は布を張って作るんだけど、皺(しわ)がよるのが気に入らなくてね。」檜山さんのこだわりはこんな細部にも現れています。
★子ども歌舞伎
 演目には、子どもたちだけで演じる歌舞伎があります。
毎年「稲瀬川勢揃いの場」という題目の「白浪(しらなみ)五人男」の一幕を演じます。
 子どもたちを指導するのは高橋さんと福永さん。セリフや振り付け、間の取り方まで厳しく指導します。「これまで教えてきてすごいと思うことがあるんです。誰も一度も練習を休んだりやめたことがないんですよ。」と高橋さんは言います。
 子どもの個性を活かすことにもこだわりがあります。配役は、個性を活かした役になるよう考えて決めています。
 時には子どもが元気すぎて練習にならないことも。「普段遊んでばかりでも、本番前は緊張して、手のひらに人を書いて飲みこんだりしたりしてるんですよ、そんなのを見ると涙が出そうでね…」と話す福永さん。それでも、本番が一番上手にできるんだとか。「十手も傘も子どもには重くて大変なんです。頑張っている子どもの姿をぜひ見てほしいです。」
★「来年は絶対やらないって毎年言うんよ」
 大人歌舞伎に出演する皆さんは口を揃えます。本番前の一週間、全員がそう言うけれど、翌年になれば2月頃からうずうずしてきてしまうそうです。今年誘われていなかったら今頃寂しく思っていたに違いないと言います。
 歌舞伎の魅力について聞くと、そんなのない!と断言。それなのに続けているのはなぜなんでしょうか。
 「本番見に来てくれると嬉しい」
 「終わった後の一杯のため!」
 「30代の子と70、80代のもんが一緒に楽しめる」
 「みんなが支えてくれるから…」

 みんな、楽しいから、の一言に尽きるようです。
★思い出のふるさとに
 白市歌舞伎には、子どもたちにとって歌舞伎がふるさとの思い出になれば、いつかまた白市に帰ってきてくれるかもしれない、そんな思いが込められています。
 歌舞伎について子どもたちは「これからもやりたい!」と元気な答え。白市の未来がここにありました。

広報東広島 H22年8月号[特集 白市の軌跡を追う]引用 (PC外部リンク)
 →過去の記事[高屋町の白市]
 →過去の記事[高屋町の白市歌舞伎]



白市のまちづくり
白市では、古いまちなみを守ろうと住民によるまちづくりが行われています。
★誇りのもてるまちに
 白市のまちづくりは、平成9年、市と住民により「白市景観形成委員会」を発足したことから本格的に始まります。
 まずは自分たちの住むまちについて知るため、勉強会から始めた委員会。白市をよく知る大学教授や、まちを訪れる人たちから白市の魅力を聞くことで、しだいに自分たちの住むまちの素晴らしさを実
感していったといいます。
 はじめは各々意見を主張しあうだけだった話し合いも、徐々に他人の意見を聞きいれ、実のあるものになっていったそうです。そして決まったまちづくりの目標は…
 歴史を感じるまち
 季節を感じるまち
 ふれあいのある、人に誇れるまち

 白市のまちづくりは、市が地域住民の意見を最大限取り入れて進めています。これまで、観光案内板や探訪マップ、公園などが完成しました。これら全てに住民の意見が活かされ、また、公園の花の手入れなどの管理は、住民によって行われています。
 白市の住民がまちづくりに取り組み始めて13年。話し合いは250回を超えました。
今後も、公園や道路の環境整備などを行っていく予定のこのまちで、欠かすことのできないもの。それは白市に住み、白市を愛する住民。
「活動を止めたいと思ったことは一度も無かったですね。白市よりももっともっと長い年月をかけて魅力的な町に
なった地域がある。それらの町を思うと、白市はまだまだだ、と思い、やる気が出るんです。それに、白市に住む人、訪れてくれる人がどうやったら喜んでくれるだろうと考えると毎日楽しいんです。」
(白市景観形成委員会 会長 大多和 孝さん)


広報東広島 H22年8月号[特集 白市の軌跡を追う]引用 (PC外部リンク)
 →過去の記事[高屋町の白市]
 →過去の記事[高屋町の白市歌舞伎]



白市のまちなみガイド
白市には、今回紹介したほかにもさまざまな見どころがあります。白市を訪れる際には、ゆっくりまちをあるいて
お気に入りの場所を見つけてみてください。
(マップは旧木原家住宅や白市郵便局などで配布しています。)
★養国寺 
12世紀頃建立。もとは真言宗で、1558年に浄土真宗となり、白龍山法乗院養国寺と称していた。本堂、鐘楼門ともに江戸時代の建物。
★伊原八郎家
 大正2〜4年にかけて建造された建物。棟には豪華な装飾が施されており、特に「御成門」は圧巻。
 ※個人所有につき内部見学不可
★西福寺
 安芸国賀茂郡溝口村にあった大福寺を、天正12年、住僧西蓮法師が移転したもの。
★舛木家
 明治後期の建物。敷地が道路に面して面長で、農家型の面影を残した町家型のつくりとなっている。
 ※個人所有につき内部見学不可
★土宮神社
 元禄年間に建てられ、市内の神社建築としては最古級。拝殿は新しく、今も秋祭りなどでにぎわう。
★旧木原家住宅
 1665年に建造され、国の重要文化財で中国地方最古の町家。豪商ならではの迫力ある建物から刻まれた歴史が伝わる。内部見学可能。
 開館/9時〜17時 ※月曜休
 料金/大人150円 18歳以下無料
 問旧木原家住宅 管理棟
 TEL(082)439-2525

広報東広島 H22年8月号[特集 白市の軌跡を追う]引用 (PC外部リンク)
 →過去の記事[高屋町の白市]
 →過去の記事[高屋町の白市歌舞伎]

東広島車載動画(高美ヶ丘循環線)

高美ヶ丘循環線を回った動画だけど、残念ながらFC2動画にUPできる容量を超えてしまったためにやむを得ずYouTubeに…

揺れはヒドいし…始まりも終わりも中途半端なうえに携帯電話では再生できない…

何か良い方法はないかな…


↑高美ヶ丘循環線(携帯電話再生不可)

また機会があれば別の車載動画をUPしよ♪

小谷サービスエリア(動画)

小谷サービスエリア(上り線)の動画を撮ってきました。
FC2動画(無料版)にUPしようと思ったら、このデジカメだと2分30秒前後が限界!
撮影中に時間を気にするあまり、イマイチはっきりしないカメラワークでウジウジしたような動画ですが良かったらご覧くださいませwww




小谷サービスエリア関連ブログ記事
2010.07.12 上り線
2010.05.01 下り線
2010.03.27 上り線








マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

小谷サービスエリア(上り線)

昼休みに会社に戻る時間が無かったため、小谷サービスエリア(上り線)で昼食をとることにしました♪

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その1
↑小谷サービスエリア(上り線)

ここに来るのは2010年3月27日ぶり(ブログ内リンク)
この日は早朝だったからあまりお客さんがいなかったな…

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その2
↑小谷サービスエリアの券売機

…ってことで、券売機の前へ。
何にしようか…やっぱり昼はご飯食べないと力が出ない。
ラーメンも食べたい。
メニューには「広島ラーメンセット」と「尾道ラーメンセット」があり、どちらもラーメンに広島菜のチャーハンがセットになっています。
俺は「尾道ラーメンセット」。会社の者は「広島ラーメンセット」。
どちらも820円ナリ♪

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その4
↑尾道ラーメンセット

見た目はドコのラーメンも変わらない。
ラーメンとチャーハンはお昼の定番!
美味しかったです。
さらにキレイなお店で食べるとおいしさ倍増だったね♪

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その3
↑キレイな食堂内

せっかく来たので、お土産コーナーをウロウロ…。
全部写真は撮らなかったけど、広島産のお土産がイッパイ!!
店内の通路も広くてゆったりお土産がみれますね。
ただ…愛して止まない美酒カレーが置いてなかったのが残念

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その7
↑広島ならではのお土産コーナー その1

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その8
↑広島ならではのお土産コーナー その2

それにしても相変わらずキレイなサービスエリアです。
近代的な店舗風景に仕事の中休みに昼飯を食べに来たことを忘れてしまいそうです。
店内はアンデルセンのパンの焼きたての香りが漂いっていて、いつまでも居座りたい気分でした。

2010.07.12小谷サービスエリア(上り線)その6
↑「このお店のカフェテラスでスウィーツでも食べる?」…みたいなwww


小谷サービスエリア関連ブログ記事
2010.07.12 上り線(動画)
2010.05.01 下り線
2010.03.27 上り線

高美が丘 胡麻近隣公園

小谷サービスエリア(下り線)で遊んで、次に高美が丘中学校横にある「胡麻近隣公園」にやってきました♪
憩いの森公園」や、「道の駅・湖畔の里福富」や「鏡山公園」などの大型遊具施設がある公園に行こうとも思ったのですが、おそらく人が多いだろうとの理由で、小谷から西条に行く途中にある胡麻近隣公園で甥っ子を遊ばせることにしました。

こちらの公園は子どもの頃に親に連れられて何度か遊びに来たことがあります。
だから決して馴染みがないワケではありません。
それでも、久しぶりの胡麻近隣公園は…

「こんなに狭かったっけ?もう少し広かったような記憶が…」

…という印象で、想像していたよりも小さく感じました。
まぁ、子どもの頃の記憶だからしょうがないよね!?
それでも、我が家の近くにある公園よりも何倍も広くて、施設も充実しているステキな公園です♪
高美が丘にお住まいの方が羨ましい!!


胡麻近隣公園の遊具施設って新しくなったんですね?
いつかわかりませんが、近代的な遊具施設に変わっています。
ブランコは昔のままでしたけど。

俺の感想など甥っ子には全く関係無く、遊具施設を見ると、速攻で公園にダッシュ

2010ゴールデンウィーク甥っ子の陣」、第2回戦のスタートです(笑)

胡麻近隣公園 遊具施設 すべり台 その1
↑「みんな僕についてきて~」を連呼

胡麻近隣公園 遊具施設 すべり台 その2
↑何度でも滑ります(笑)

胡麻近隣公園 遊具施設 すべり台 その3
↑悠太郎(写真上)を無視して滑る!

胡麻近隣公園 遊具施設 馬
↑悠太郎の嫁さんが撮影した渾身の一枚(…らしい)

胡麻近隣公園 遊具施設 ブランコ
↑甥っ子にコキ使われる叔父の三男(笑)

子どもって無邪気で本当に元気いっぱいですね♪
楽しそうに遊ぶ姿を見てると微笑ましくなります

胡麻近隣公園は俺が子どもの頃と比べて少し様子が変わっていましたが、静かで、のどかなところは今も昔も変わらない公園でした。

小谷サービスエリア(下り線)

弟夫婦が帰省していますが、弟は友人の結婚式のため広島市内に行っています。
弟の嫁さん、甥っ子2人が我が家にいますが、今日は甥っ子のために1日を使うことに決定!
甥っ子にドコに行きたいか聞いたところ、どうやら公園で遊びたいらしい…

そーゆーワケで、何気なく小谷サービスエリア(下り線)に足を運んでみました♪

小谷サービスエリア(下り線)
↑小谷サービスエリア(下り線)

ゴールデンウィークともあって、サービスエリアは大盛況!
たくさんの人が訪れています。
そもそも、なぜ小谷サービスエリア(下り線)に来たかと言うと、一昨日の夕方のテレビで小谷サービスエリア(下り線)にある「瀬戸田ドルチェのジェラート」の特集がされていたことと、サービスエリア内にすべり台があったから。
ジェラートを食べることと、甥っ子を遊ばせることができるので、小谷サービスエリア(下り線)に行くことになった次第です。
小谷サービスエリア(登り線)は、この前行ったしね♪

とりあえず、目的の「瀬戸田ドルチェのジェラート」へ…。
コチラのジェラートは、2009年の楽天ランキングのジェラート部門で4週連続第1位を記録したイタリアンジェラートで、地元産のフルーツと100%天然原料にこだわったもので、新鮮でヘルシーな美味しいジェラートとして定評があります。

デコポンとはっさくをチョイス!
ベンチに座って食べました♪

瀬戸田ドルチェのジェラートを食べる
↑ジェラート食いまくり中!

デコポンもはっさくも味はしっかりしていて、食べたあとにも風味が口の中に残ります。
」を感じさせてくれるジェラートでした♪
甘さを求めるなら「デコポン」!
サッパリ感を求めるなら「はっさく」ですね♪
どちらも瀬戸田産の果実を使用しているので、ドコでも食べられるバニラやストロベリーなどの普通のジェラートよりもオススメですヨ♪
ちなみに、デコポンやはっさくなどの瀬戸田産の果実を使用したジェラートは、(高速道路では)小谷サービスエリア(下り線)でしか販売していない限定商品なので、機会があったら食べてみてください。


ジェラートを食べて、次は甥っ子のすべり台遊びです♪
子ともがたくさん遊んでました。
どの子も当たり前のようにすべり台を滑っていたので、ウチの甥っ子を1人で滑らせたのですが、すべる勢いが良すぎて降り口でハデに転倒!!
ケガは無かったのですが、ビックリして泣いちゃいました
止むを得ないので、俺が一緒に滑ることに…

小谷サービスエリア(下り線) すべり台 その1
↑ヨッシャ!すべるでぇぇ!

小谷サービスエリア(下り線) すべり台 その2
↑ひゃっほ~ぅ♪

小谷サービスエリア(下り線) すべり台 その3
↑コケました(甥っ子無傷)

15回くらい滑ったかな!?
最後には、甥っ子一人でも滑れるようになり、大満足でした♪

小谷サービスエリア(下り線) 悠太郎の甥っ子
↑もう一人の甥っ子にすべり台は少し早いです

小谷サービスエリア(下り線)のすべり台を完全制覇した悠太郎ご一行は次の公園に足を運びます(笑)

[苦言]
あまり言いたくないのですが…俺、俺の嫁、次男の弟、甥っ子2人の5人で小谷サービスエリア(下り線)に行て、エリア内を歩いてるいちに3人がガムを踏んでしまいました
ガムを食うのは勝手だが、ちゃんと捨てろ
どこの誰だか知らんが、東広島を汚すな!
マナーとモラルは守って行動しろ!!



[2010.07.12 追記]
小谷サービスエリア関連ブログ記事

2010.07.12 上り線(動画)
2010.07.12 上り線
2010.03.27 上り線

小谷サービスエリア(上り線)

広島空港に行くついでに、高屋インターチェンジから乗り、平成22年1月30日にリニューアルオープンした小谷サービスエリア(上り線)に来ました♪
ほほ~ぅ‥確かにキレイになってる!

小谷サービスエリア(上り)外観 その1
↑小谷サービスエリア(上り)外観 その1

小谷サービスエリア(上り)外観 その2
↑小谷サービスエリア(上り)外観 その2

小谷サービスエリア(上り)外観 その3
↑朝早かったので開店してない…

小谷サービスエリア(上り)店内風景
↑小谷サービスエリア(上り)店内状況

焼きたてパンを提供してるアンデルセンもあるし、東広島の新ご当地商品「美酒カレー」もあるし、広島県内のお土産なら大抵置いてるので、岡山方面に行くなら是非小谷サービスエリア上り線に寄ってみてください♪

そして、たくさんお土産買って、東広島にお金を落として行ってちょうだい(笑)
たのんます(頼みます)よ~


[2010.07.12 追記]
小谷サービスエリア関連ブログ記事

2010.07.12 上り線(動画)
2010.07.12 上り線
2010.05.01 下り線

高屋インターチェンジ

東広島呉自動車道路走行中(高屋→下三永方面)
↑東広島呉自動車道路(高屋→下三永方面)

この前は(その①その②)山陽自動車道路に直結する東広島呉自動車道路を走りましたが、今日は広島空港に行くために、初の高屋インターチャンジを使って山陽自動車道路に乗りました。
普段なら西条インターから行くんだけど、今日だけは特別♪
(多分、今後は使わない)

東広島呉自動車道路と山陽自動車道路分かれ
↑今回はココで左折します♪

高屋インターチェンジ
↑高屋インターチェンジ

高屋インターチェンジ その2
↑広島空港に行くので…左折ですね♪(登り)

使ってみた感想は…特に無し
たいしたコメントじゃなくてスンマセン。
…と言うのも俺は「高屋人」じゃないからね。
高屋町近郊に住んでる方にとってはとても便利じゃないかと思いますヨ。

ちなみに高屋インターチェンジから広島空港に近い河内インターチェンジまでの料金は300円でした(俺のマイカーはETC未装備車)。


そんなことよりも、前々から気になっていたんだけど…
東広島呉自動車道路に乗る為の道路看板が分かりにくいのは俺だけですか?
看板もちゃんと表示してあるんだけど、どことなくわかりにくいんだよね~‥
一度走れば道を覚えるから、二度目以降は間違えないと思うんだけど、最初は道を間違えてしまう人が多いんじゃないかな?

[2010.05.13 追記]
 →東広島呉自動車道路の動画はコチラ

高屋町の白市歌舞伎

白市の伝統芸能「白市歌舞伎」

白市で昔から親しまれてきた伝統芸能「白市歌舞伎」は、1993(平成5)年に白市の文化と歴史を見直そうと地元有志が「白市の文化を考える会」を結成し、毎年公演が行われるようになりました。

本格的な大人の歌舞伎に加え、毎年おとな顔負けの熱演で人気の子どもの歌舞伎も上演されています。

白市歌舞伎
↑白市歌舞伎

「まな部っく」 引用

[2010.08.22追加]
「白市の歴史・歌舞伎・まちづくり」について追加記事有り。
NEXT≫
トータルアクセス数
プロフィール
プロフ画像用03
名前:悠太郎 住所:東広島市
イチオシ!悠太郎のイラスト集
お子ちゃま奮闘記 家事手伝い編
お子ちゃま奮闘記 嫁さんの通院記録
東広島・竹原のグルメ、ショッピング、暮らしに役立つ情報満載のポータルサイト ジモ通
ユーザータグ
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
105位
アクセスランキングを見る>>
FC2アクセスランキング
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
ランキングバナー
ブログ内検索フォーム
いろいろ検索してみてね(笑)
ヴィレッジヴァンガード
pixivやってますww
ヘタクソなイラストを描いてます
各ランキングに参加中
心優しい方「応援ポチッ」お願いします
「Ctrlキー」+「クリック」すると‥
人気ブログランキングへ
オススメ
広告 【悠太郎イチオシ】
広告 【ファッション】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。